カテゴリー別アーカイブ: クッキング

ホットケーキ

土曜の朝、ホットケーキを焼きました。
とは言っても、ホットケーキミックスを使って手っ取り早く。
使わなくてもおいしくできるのですが、計量いらずなのはありがたいのです。
それにあのバニラ風味は魅力的です。

牛乳、卵、ホットケーキミックスを準備。
ホットケーキ1

全部混ぜてから焼いていきます。
温めたフライパンをいったんぬれふきんの上に置いて少し冷ましてから、4分の1ずつお玉でフライパンに種を入れていきます。

ホットケーキ2

火にかけてしばらくして表面に泡のつぶが出てきたら、ひっくり返して反対側も焼きます。

ホットケーキ3

少し置いてほどよい焼き色がついていたら火が通ってるかな。
バターをのせてケーキシロップをかけて(メープルシロップよりお手頃です)、あとは温かいうちに食べるだけ。

ホットケーキ4

ほうれん草とコーン、ひき肉で作ったウィンナー風のものとをソテーして添えました。甘々だけだと飽きるので。
飲むのはやっぱりミルクティー。最近はまっています。

ホットケーキ5

残りの生地も焼いておきます。お腹が空いたら温めて食べればいいし、残ったら冷凍保存もOK。

ホットケーキ6

バターのしょっぱさと、ホットケーキのバニラと、メープル風味のシロップの甘みで、楽しい朝食になりました。

牛乳を使ったメニューって幸せな気持ちになります。

バル1

にほんブログ村 料理ブログ 料理情報へ
にほんブログ村


農林水産業 ブログランキングへ

豚汁に牛乳を少し

里芋、ごぼうがスーパーで安かったので買ってきました。となると、作るのは豚汁でしょう。

家にある材料はニンジン、大根、ネギ、豚肉。固い材料から順番にで煮ていって、アクをとる。ネギを入れる前に、バルのご飯用に、野菜、里芋を少しよけます。
煮込んでいくうちに、いーダシが出ます。ネギを加えて、味噌で味をつけます。生姜を入れることも。

そして最後に牛乳を50ccくらい加えます。ほんのりベージュ色になります。(小林カツ代さんの本に出てました)
おわんに盛って、黒胡椒を挽いてパラパラ。

豚汁

滋養たっぷり。手抜き豚汁のできあがり。
牛乳を入れると、実にマイルドになり、出来たばっかりなのに、時間をおいてなったなじんだような、丸い味になっています。
粕汁もいいのかもしれませんが、私は粕汁はあまりすきではないので、もっぱら牛乳です。

牛乳パック

それと、豚汁には胡椒です!(これもカツ代さんのまね)マイルドな豚汁にスッキリしたスパイシーさをプラスしてくれます。

普段の食事に牛乳を取り入れる場面て、意外とあるのです。例えば、卵に少し牛乳を加えて、スープやすまし汁に溶き入れると、卵がふんわり仕上がります。カルシウム補給にまめに牛乳をとりたいと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ 料理情報へ
にほんブログ村


農林水産業 ブログランキングへ



バル1

野菜のクリームスープ

土曜の朝。
何となく野菜不足を感じたので、野菜スープを作りました。コンソメ味にすることが多いですが、今日は牛乳を入れてクリームシチューっぽくして食べたくなりました。

冷蔵庫にあるもので作ります。
まず、ニンジン、玉ねぎ、エリンギ、ウインナーを切ったものをバターで炒めます。ニンジンは皮ごと。皮に栄養があるっていいますもんね。
何らかのキノコはぜひ入れたいですよね。

野菜スープ1

ほんとうだったら、ここで塩コショウをしたいのですが、柔らかくなった野菜をバルのご飯に加えたいので、味付けは最後。
しんなりしたら、水を材料がヒタヒタになるくらい入れて煮ていきます。

野菜スープ2

その間にジャガイモの皮をむいて、加えます。

野菜スープ3

冷凍庫にむきえびがあったたのを思い出し、加えることに。ダシが出そうなので。

野菜スープ4

フタをして、ジャガイモが柔らかくなるまで煮ます。

野菜スープ5

材料から味がでるよう、ここでしっかり煮ます。コンソメは入れなくても大丈夫。やわらかくなったら、バル用に玉ねぎ以外の野菜を取り分けて、塩コショウで味を整えます。

牛乳を加えます。量は全て適当。今回は水と同量くらいいれたかな。

野菜スープ6

ひと混ぜして、温めます。バターが浮いて、表面が黄色っぽくなっています。

まわりに泡が出てくらいくらいになったところで、大さじ1くらいの小麦粉を少量の牛乳で溶いたものを加えて、やさしく混ぜます。ジャガイモがくずれすぎないように。やさしいとろみがつきます。こなっぽくならないよう、少し煮ます。

野菜スープ8

とろみがつくと、バターもスープとなじんで、表面に浮かなくなります。

で、できあがり。

野菜スープ9

ジャガイモがほんとにおいしいのですよね。もっと入れればよかったかな。
鶏肉や、もっと大きな海老を入れてもいいし、ブロッコリーもあれば入れたいところ。
クリームスープ、大好きです。

にほんブログ村 料理ブログ 料理情報へ
にほんブログ村


農林水産業 ブログランキングへ



バル1

普通のココア

職場でしんどいことがあって、気が沈んだ日。心が冷え冷えーとします。
ココアでも飲んで温まろう。

ココアイラスト

ということで作ったココア。

私の作り方はホントに手抜き。
鍋に牛乳を入れて、ココアを小さじ2くらいと砂糖を入れる。

ココア1

ココア2

温めながら泡だて器でカシャカシャまぜる。はじめは全く分離しています。

ココア3

じきにこんな風にきれいなココア色に混ざります。

ココア4

鍋のまわりに泡が立つくらいまで温める。

ココア5

できあがり。

ココア6

むか~し、喫茶店でアルバイトをしていたのですが、そこでこんな風にやっていました。簡単なので、いつもこのやり方で作っています。

クックパッドでもよく似た作り方が出ていました。私の作り方より、1ステップ手が込んでます。はじめに少量の牛乳でココアと砂糖を混ぜてから残りの牛乳を入れるそうです。
「本格的」となってますよ。やはり、アルバイトをしていた喫茶店の作り方のアレンジだそうです。
  ⇒Cpicon 喫茶店の美味しいココア by すってんまるく

家で作ると、ココアは少し濃い目、砂糖は控えめにできるのがいいですよね。
やっぱり、なんだかあったまります。

牛乳効果か、ココア効果か。
カルシウムなど牛乳の栄養もとりつつ、心も和みます。

冬本番ですが、元気だしてがんばろう。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


農林水産業 ブログランキングへ


バル1

ジャガイモのグラタン

グラタンが食べたくなって、家にある材料で作りました。
小麦粉をいためて、牛乳を加えて・・・、というちゃんとしたホワイトソースを作るのは、とてもじゃないけど面倒くさくて、ごめんなさい。

ジャガイモのデンプンでとろみがつくんじゃないか、と考え、行き当たりばったりで作り始めました。

まずは皮をむいたジャガイモを2~3ミリ位にスライス。

グラタン1
           (以下、画像をクリックすると拡大します)

ジャガイモのデンプンを利用するので、水にはさらさない。

グラタン2

そこへ牛乳を1カップくらい入れて煮ます。ジャガイモがやや柔らかくなるくらい。

グラタン4

牛乳は濃度があるので、計ったカップの内側について残ってしまいます。これすらもったいなく思えてしまうので、少量の水でさらって加えますよ。

グラタン3

あと、玉ねぎと、ウィンナーかハムでも加える予定っだのですが、食べそびれていた塩ジャケがが出てきたので、これのほうがおいしいよねー、と思い、焼いて加えることに。
電子レンジでチンする手もあるのですが、それだと簡単だけど、皮が生臭くなっておいしくない。私は魚の皮は絶対食べる主義なので、香ばしく焼くのがいいかな思ったので、フライパンで焼く、という一手間が増えてしまった。

バターで皮の面から焼きます。

グラタン5

こんがり焼けて、このまま食べたいくらい。

グラタン6
皮がパリっとして、おいしそう。

これをいったんよけて、焦げた油を拭き取って、玉ねぎをいためます。これは味の元です。玉ねぎって偉大です。

グラタン7

しんなりしたら、塩コショウをして、ジャガイモと牛乳を加えます。

グラタン8

ここでも、鍋に残った牛乳成分を水でこそげて、加えますよ。

グラタン9

グラタン10

全体的にサラッとして、期待したほどとろみがつかないので、小麦粉を牛乳で溶いたものを加えることにしました。
大さじ1くらいの小麦粉に牛乳を100CCくらい加えてまぜます。

グラタン12

少しぐらいだまになっても気にしない。混ぜればわからなくなります。

グラタン13

少し煮立ててシャクシで混ぜると、いい具合にトロッとしてきました。一口大にほぐしたシャケも加えてひと混ぜ。

グラタン14

ゆでたマカロニも加えます。ジャガイモがあるからマカロニは入れなくてもいいんだけど、グラタンというと、マカロニグラタンを思い浮かべてしまうオバサンは、何となく入れたいんですよね。

グラタン15

全部合わさった状態です。ちょうどいいとろみがついたようです。緑のものがあるとよかったですね。ゆでたホウレンソウを入れるか、パセリを散らすとキレイでしたね。

グラタン16

グラタン皿に取り分けて、チーズとパン粉をトッピング。

グラタン17

予熱したオーブンに入れて焼きまーす。

グラタン18

250度高くらいの高温で焼いて、焦げ目がついたらできあがり。

グラタン19

スタンダードな味のグラタンができました。
ジャガイモが適度にホクッ。玉ねぎの甘さとシャケのしょっぱさがマッチしてグッド。
今回のは塩ジャケでしょっぱいので、おかずにもなります。

簡単で、栄養たっぷり。よかったらお試しください(^o^)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

農林水産業 ブログランキングへ



バル1