牛乳に関する本2冊

図書館で牛乳に関する本を2冊借りてきました。

1冊目は「牛乳読本」。

牛乳読本
著者 :土屋文安/農学博士
出版社:NHK出版

サブタイトルは、だれでもわかる牛乳の新知識、となっています。
豊富なデータで牛乳の特性を説明してあります。
化学や細かい数字は苦手な私。要点は押さえておこうと思います。

栄養のこと、アレルギーのこと、安全性のこと、搾ってから家庭に届くまでの流通のこと、料理に活かすことなどが書かれていますが、どちらかというと牛乳応援団のような立場。

牛乳の種類や表示方法について詳しく出ており、手元に置いておくといいと思ったので、アマゾンで注文。

2冊目は「牛乳とタマゴの科学」

牛乳とタマゴの科学
著者 :酒井仙吉/農学博士
出版社:講談社

サブタイトルは完全栄養食品の秘密。
こちらは、牛や牛乳に関するデータもありますが、牛や鶏のルーツ、人類とのかかわりの歴史など、雑学的な内容も多く、楽しめます。

心配なことも書かれています。産業として効率化させるため(要するに牛にたくさんお乳を出させたり、鶏にたくさんタマゴを産ませるため)、牛や鶏の飼育を変えてきましたが、生き物としての彼らに良くない影響を与えているようです。
例えば、本来草しか食べない牛に、トウモロコシや大豆などの穀物や、肉骨粉という動物由来のものまで飼料として与えるようになったため、病気になりやすくなったり、BSE(狂牛病)を引き起こしたりしています。
良かれと思ってやることが、一方には悪くはたらいてしまう。全てがうまくいく方法なんて、ないんでしょうかね・・・。

こちらも、ゆっくり読み込みたいので、アマゾンでクリック。
やっぱり本の情報は貴重だな、と思う牛乳入門者です。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


農林水産業 ブログランキングへ


バル1

「牛乳に関する本2冊」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">