名古屋市農業センター [1]行ってきた

名古屋に農業センターがあることを思い出し、さっそく遊びにいってきました。
  ⇒ 名古屋市農業センター http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-8-4-2-2-0-0-0-0-0.html
  ⇒ 名古屋市農業センターtwitter公式アカウント https://twitter.com/noucenter/with_replies

いろんなイベントが告知されています。ツイッターではその報告もしてます。

昭和40年に農業技術の普及・指導のため開設されたましたが、今はその役目は小さくなっているのかもしれません。

現在は農業に触れる機会が減ってきた市民が、植物や家畜動物と親しむ貴重な場となっています。牛舎で搾られた生乳から作られた牛乳、アイスクリームを味わうこともできます。東山動物園もいいけど、ここは意外な穴場です。小さいながらも牧場があり、入場料は無し。すばらしい!

当然、ヤングファミリーの子供連れが多く、おばさん一人の私パエリアは浮いてたかもしれません。

入り口手前に近辺の案内図があります。

名古屋市農業センター1
(以下、画像をクリックすると拡大します)

地図だけの写真。

名古屋市農業センター2

しだれ梅が目玉なのです。近くには神社やお寺、緑地があります。

義母は「この辺て昔は何にもなかったのよ」とよく言ってましたが、今は住み心地のよさそうな住宅地になっています。

入り口です。

名古屋市農業センター3

入園案内。

名古屋市農業センター5

ペットは連れて来られないのです。バルは入れません。

名古屋市農業センター4

イベント案内。今日は「牛舎探検ツアー」に参加するのが目的なのです。

名古屋市農業センター12

まずは植物のエリアです。温室がいくつも見えます。

名古屋市農業センター6

温室の中。
名古屋市農業センター7

名古屋市農業センター8

しだれ梅はまだ冬枯れ状態。というより、春に向けての咲く準備中。咲くのが楽しみです。

名古屋市農業センター11

野菜も育てられています。

名古屋市農業センター9

名古屋市農業センター10

野鳥が見られるようです。双眼鏡を持ってないので残念です。バードウォッチングって、興味なかったけど、歳とともにやってみたくなっています。

名古屋市農業センター13

ミルク工房の案内。

名古屋市農業センター14

ハイハイ、今、動物エリアに向かってますよ。売り切れてはいないようで、安心。
動物エリア、特に牛舎へと心がはずみます。牛舎探検ツアーまで時間はありますが、いろいろ見て回りたいので急ごう。

動物エリアは次のページで。



バル1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">